Rockch

【小説レビュー】陰日向に咲く[著者:劇団ひとり 幻冬舎]

      2014/01/19

nanamiでし。

映画化され、一気に注目されることになった
劇団ひとりの処女作
短編集なんだけど、なかなか作りこまれた内容に仕上がっているのー。

以下ネタバレありなのー。

「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」「Over run」「鳴き砂を歩く犬」
の5作品が収録された短編集。
ご存知の通り、芸人・劇団ひとり著書なので、ところどころ「ん…?」とひっかかるところもあるけど、それぞれのストーリーは上手だと思うのー。
5作品通して、同じ人(モーゼ)がちょこっと登場して、え?こんなところで出てくるの?と思わせてくれたりひとつ前の作品に登場してくるちょい役の人(例えば、インターネットの掲示板に書き込みをした女性…など、そんな程度)が後の作品の重要な人物だったり、キーマンだったり…
よくある手法といえば、よくある手法なんだけど、繋げ方がとにかく斬新!

全作品を紹介したいけど、多いので…1番すきな作品を。
nanamiが1番すきな作品は「ピンボケな私
残念ながら、映画化はされず…1番よかったのにー。
主人公は人に自慢できるようなことがない20歳のフリーター女性。
ある日の飲み会でまわりの友達が嬉々と将来の夢を語り、自分だけ何も考えていないことに焦り、とっさの嘘で「カメラマンになりたい」と言ってしまうことからストーリーは始まるのー。
主人公の高校からの親友ミキも初めて聞かされる将来の夢にビックリしながらも、特に気にしていない様子。
そしてある日、ミキの大学の友達との飲み会で出会った完璧な男・タクミと恋に落ちる。
映画のような劇的な恋に主人公は夢中になっていくが、ある時遊ばれていると気付く…

実はミキと呼ばれる親友が「三木くん」
単純なサプライズだけど、ラストにきゅんっ!とすること間違いなしなのー。
これだけでは伝えきれないので、ぜひ読んでいただきたいでし。
映画ではなく、小説から入るのをおすすめするのー!

陰日向に咲く「ピンボケな私」
キュンキュン度★★★★★

The following two tabs change content below.
nanami

nanami

rockch.comの紅一点ライターでし。 コンビニ商品レビューとDVDレビューを担当するのー。

 - レビュー,

  関連記事

【小説レビュー】毒笑小説[著者:東野圭吾 集英社文庫]

nanamiでし。 東野圭吾著の短編小説集。 「おもしろい短編小説」「絶対読みた …

【ビジネス書レビュー】「人たらし」のブラック心理術[著者:内藤誼人 大和書房]

nanamiでし。 2005年に単行本化された内藤誼人のビジネス書。 ビシネス書 …

【小説レビュー】夜行観覧車[著者:湊かなえ 双葉社]

nanamiでし。 2010年に単行本化され、2013年1月にTBS系でテレビド …

【小説レビュー】夏と花火と私の死体[著者:乙一 集英社文庫]

nanamiでし。 奇才・乙一の衝撃的なデビュー作「夏と花火と私の死体」 これを …

【DVDレビュー】Fight Club (邦 ファイト・クラブ) [1999 米]

いやー久々に血が騒ぐ面白い映画を観た。 信憑性のないNAVERまとめにも面白い映 …

【小説レビュー】陽気なギャングが世界を回す[著者:伊坂幸太郎 祥伝社]

nanamiでし。 大沢たかお主演で映画化されたことでも話題になった 伊坂幸太郎 …

【DVDレビュー】Man on a Ledge (邦 崖っぷちの男) [2012 米]

NYの高層ビルから飛び降り自殺をしようとする男ニックを中心に伏線が動くワンシチュ …

【小説レビュー】イニシエーション・ラブ[著者:乾くるみ 文春文庫]

nanamiでし。 乾くるみの恋愛小説。 話題にのぼっていた発売当時から気になっ …

【小説レビュー】チルドレン[著者:伊坂幸太郎 講談社]

nanamiでし。 伊坂幸太郎著の短編小説集。 伊坂幸太郎本人が、短編集のフリを …

【レビュー】フィリップス ヌードルメーカー 使ってみた!!

6月の発売日当日に購入したくせに、面倒臭くて箱から開封するのに1ヶ月もかかってし …