Rockch

【小説レビュー】告白[著者:湊かなえ 双葉社]

      2013/12/16

nanamiでし。

これが湊かなえのデビュー作?!
と思うほどの衝撃的な作品。
まずこの作品は、6つの章に分かれて構成されているのー。
ある事件を中心として、5人の語り手(第1章と第6章の語り手は同じ)がそれぞれの心境を吐露する。
だけど、どんどん読み進めていくうちにその矛盾に気が付き、このストーリーの真実は…?と、迷宮入りしてしまう作品。

以下ネタバレありなのー。

中学教師の主人公・森口悠子は自身の担任クラス1年B組の終業式の日、生徒たちの前で衝撃的な「告白」をする…
自身の娘「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺された」と…
この「告白」からストーリーは始まる。
娘を殺した2人の犯人の名前を公表するつもりはない、と生徒たちに告げつつも
誰が犯人なのか、生徒たちにわかるように、犯人について語り出す。
2人がどのように娘を殺したのかを話し、そして、その2人に行った復讐内容をクラス全員に聞かせる。
2人が毎日飲んでいた牛乳にはHIV感染者の元婚約者の血液を混ぜていた…と。
「クラス替えはありませんので、みんなは決して2人を除外しようとせず温かい目で見守ってあげてください」
と言い残し、教師を辞め、学校を去る。

第1章でこの衝撃
章によって語り手が変わって、いろんな角度からのストーリーが展開するのー。
そして、最後の章まで読んでようやく物語が完結。真実が明らかになる。
語り手が変わることにより伏線ではないけど、あの時のあれは…なるほど!
みたいなことが多々あって、とにかく最後まで飽きない!ドキドキ止まらない!
最後まで読み切った後にもう1度読もう…ってなっちゃう小説でし。
あのハラハラ感、くせになる!
nanamiとしては最後の章がうだうだしていて、少し長く感じちゃった。
でもその、うだうだ感もラストへの大事なものと言われたらそうなんだけど…

生きていることを実感できる作品でし!

ちなみにこの作品、映画化されたことでも話題に。
nanamiは小説を読んでから映画を観たので、全く期待してなかったんだけど
小説を読んでからでも十分楽しめる映画なのー!
主人公が松たか子。これぴったり。
中途半端に大事なシーンがなくなったり…なんてこともなく、わりと忠実に再現されてるのー。
気になった方は、ぜひ映画もおすすめなのー。

告白
ハラハラ度★★★☆☆

The following two tabs change content below.
nanami

nanami

rockch.comの紅一点ライターでし。 コンビニ商品レビューとDVDレビューを担当するのー。

 - レビュー,

  関連記事

【レビュー】フィリップス ヌードルメーカー 使ってみた!!

6月の発売日当日に購入したくせに、面倒臭くて箱から開封するのに1ヶ月もかかってし …

【小説レビュー】毒笑小説[著者:東野圭吾 集英社文庫]

nanamiでし。 東野圭吾著の短編小説集。 「おもしろい短編小説」「絶対読みた …

【ビジネス書レビュー】「人たらし」のブラック心理術[著者:内藤誼人 大和書房]

nanamiでし。 2005年に単行本化された内藤誼人のビジネス書。 ビシネス書 …

【DVDレビュー】Shutter Island (邦 シャッター アイランド) [2010 米]

なぜか2夜連続離れ島モノ。 うーん。 残念ながらこういう夢でしたオチというか、空 …

【小説レビュー】バイバイ、ブラックバード[著者:伊坂幸太郎 双葉文庫]

nanamiでし。 伊坂幸太郎著の短編小説集。 突然、短編小説が読みたい!と思い …

【小説レビュー】陽気なギャングが世界を回す[著者:伊坂幸太郎 祥伝社]

nanamiでし。 大沢たかお主演で映画化されたことでも話題になった 伊坂幸太郎 …

【小説レビュー】陰日向に咲く[著者:劇団ひとり 幻冬舎]

nanamiでし。 映画化され、一気に注目されることになった 劇団ひとりの処女作 …

【小説レビュー】夏と花火と私の死体[著者:乙一 集英社文庫]

nanamiでし。 奇才・乙一の衝撃的なデビュー作「夏と花火と私の死体」 これを …

【小説レビュー】神の子どもたちはみな踊る[著者:村上春樹 新潮文庫]

nanamiでし。 村上春樹著の短編小説集。 この短編集には「UFOが釧路に降り …

【小説レビュー】ボロボロになった人へ[著者:リリー・フランキー 幻冬舎]

nanamiでし。 リリー・フランキー著の短編小説集。 【大麻農家の花嫁】・【死 …