Rockch

【小説レビュー】毒笑小説[著者:東野圭吾 集英社文庫]

      2014/03/06

nanamiでし。


東野圭吾著の短編小説集。
「おもしろい短編小説」「絶対読みたい短編小説」など検索ワードを入力してクリックしたら、必ずと言っていいほど上位にランクインしているこの作品。
東野圭吾作品は大好きで「犯人のいない殺人の夜」、「どちらかが彼女を殺した」、「流星の絆」、「新参者」、「白夜行」など、何作品も読んだことがあるけど短編集は初めて。

「誘拐天国」「エンジェル」「手作りマダム」「マニュアル警察」「ホームアローンじいさん」「花婿人形」「女流作家」「殺意取扱説明書」「つぐない」「栄光の証言」「本格推理関連グッズ鑑定ショー」「誘拐電話網」

以下ネタバレありなのー。

nanamiのお気に入りは「誘拐天国」と「ホームアローンじいさん」
タイトル通り、毒のある笑いが印象的なのー。
「誘拐天国」は、じいさんたちが人生でやり残したことはひとつもない!いつ死んでも良い!と話しながら盛り上がっているのに、福富というじいさんだけがまだやりたいことがある…と話す。
福富のやり残したことは、お勉強や習い事に毎日大忙しの孫とゆっくり遊びたい!というもの。
そんな福富の願いを叶える為に、麻雀仲間(じいさんたち)が集まって、前代未聞の孫誘拐計画を立て、実行するというはちゃめちゃストーリー。
実はこの麻雀仲間、全員大富豪。
孫を誘拐した後、福富と孫をゆっくり遊ばせるために用意したのは、古くなった遊園地。そこを買い取りびっくりするくらいきれいに改装してしまう。そして、警察官とじいさんたちの知恵合戦。じいさんたちは自分たちが犯人だとバレないようにいろんな手を使って警察官や家族を欺き、大富豪じいさんたちが勝利をおさめる!!!
ありえない…と思いつつも、ついつい笑ってしまう作品。
「ホームアローンじいさん」は孫が隠し持っているアダルトビデオを何とか盗み観ようと奮闘するじいさんの話。
読み進みながら何度も「じいさんがんばれ!!!」って思っちゃう。
なぜか選んだ2作ともじいさんが主役…え?nanamiじいさん好きなのかな…

さくさく読める度★★★★☆

The following two tabs change content below.
nanami

nanami

rockch.comの紅一点ライターでし。 コンビニ商品レビューとDVDレビューを担当するのー。

 - レビュー,

  関連記事

【DVDレビュー】Fight Club (邦 ファイト・クラブ) [1999 米]

いやー久々に血が騒ぐ面白い映画を観た。 信憑性のないNAVERまとめにも面白い映 …

【ビジネス書レビュー】「人たらし」のブラック心理術[著者:内藤誼人 大和書房]

nanamiでし。 2005年に単行本化された内藤誼人のビジネス書。 ビシネス書 …

話題の柔軟剤いろいろ試してみた

nanamiでし。 いろんなメーカーから出ている柔軟剤各種。 一昔前までは種類も …

【DVDレビュー】The Village (邦 ヴィレッジ)[2004 米]

実はこの作品上映当時映画館に観に行って、おもしろかった記憶があるので再度DVD観 …

【DVDレビュー】The Others (邦 アザーズ) [2001米 西 仏]

シックスセンス 以上。 で終わってしまうとあれだが、どうも脚本はシックスセンスよ …

【小説レビュー】ボロボロになった人へ[著者:リリー・フランキー 幻冬舎]

nanamiでし。 リリー・フランキー著の短編小説集。 【大麻農家の花嫁】・【死 …

【DVDレビュー】Exam (邦 エグザム) [2009 英]

あーすげー時間の無駄…100分返せって感じです。 NAVERまとめの質が落ちてい …

【DVDレビュー】けものがれ、俺らの猿と [2001 邦]

nanamiでし。 出演者も内容も何もかも知らずに観た映画。 あとから湧いてくる …

【小説レビュー】告白[著者:湊かなえ 双葉社]

nanamiでし。 これが湊かなえのデビュー作?! と思うほどの衝撃的な作品。 …

【小説レビュー】陰日向に咲く[著者:劇団ひとり 幻冬舎]

nanamiでし。 映画化され、一気に注目されることになった 劇団ひとりの処女作 …