【食べろく】中華料理 頂[滋賀県栗東市]

住所は栗東市だが、草津市とのほぼ境に位置する中華料理 頂。
住宅街の路地に入ったところにお店を構え、上階はお住まいとなっている様子で、いかにも街の中華料理店といった佇まいだ。

数年前にテレビで紹介されたとんこつラーメンが有名。
番組はシルシルミシルさんデーというバラエティーで、紹介したのは日清食品の研究所でスープ開発の責任者の方との事。

日清食品の開発研究所が徒歩圏内にあったり、商品化されて楽天で販売していたりとなぜか訝しい点が多々あるが、某有名ステマいんちきレビューサイトでも誰もつっこんでいないのでそこのところの確認も兼ねて行ってきた。

店内は予想に反して夕方の書き入れ時にもかかわらず他の客は一切なかったが、若いご店主は腰が低く、丁寧な対応で好感がもてる。
しかし騙されてはいけない。
究極のスープとまで謳うラーメンを食べてからでないと…
ということで早速オーダー。
こちらがその究極のとんこつラーメンのチャーシュー増しになるチャーシューメン(750円)

紅生姜も一緒に提供されたが、所謂一般的な博多ラーメンのとんこつ臭はなく、器もご覧の通りいかにも中華!!という柄で、個人的にイメージするとんこつラーメンではない。
しかしスープは見た目の白濁感からは想像もつかない程あっさりしたとんこつスープで、下茹で、血抜き、筋取りなどの下処理の丁寧さを感じる。
企業秘密としてある隠し味はおそらく乾燥帆立とクリームかずばり牛乳、とにかく乳製品。
いずれにせよ充分に研究してある上、仕事も丁寧なので、完成度はかなり高い。
確かにこういうスープなら製品化もしやすいし、コクはあっても癖はないという万人受けのよいスープである。

麺・具材とのバランスもよく、本当にしっかり作られたラーメンということはわかる。
しかし、「神の舌を持つ男が絶賛」だの、「究極の豚骨」だのという宣伝文句が大きなハードルとなっている感は否めない。
会話調に述べるなら
「いやーたしかにけっこう旨いけど、そないゆうほどでもないやろー。神の舌は大袈裟やわー。」
的な感じか。
今回はラーメンのみを頂いたが、これだけ丁寧な仕事をするお店、他の料理もおいしいのは容易に想像できるので、次回訪問の機会があれば、普通の中華料理を頂いてみたい。