レビュー,

Thumbnail of post image 100

nanamiでし。

乾くるみの恋愛小説。
話題にのぼっていた発売当時から気になっていたもの「恋愛小説か…」と思って読まずにいたところ、何やらここ1ヵ月ほどでまた急に話題になったようで読んでみた

レビュー,

Thumbnail of post image 103

nanamiでし。

東野圭吾著の短編小説集。
「おもしろい短編小説」「絶対読みたい短編小説」など検索ワードを入力してクリックしたら、必ずと言っていいほど上位にランクインしているこの作品。
東野圭吾

レビュー,

Thumbnail of post image 142

nanamiでし。

伊坂幸太郎著の短編小説集。
伊坂幸太郎本人が、短編集のフリをした長編小説と言っているように、全作品に憎めないキャラクターの陣内が登場する。
作品ごとに語り手が異なっているのー。

レビュー,

Thumbnail of post image 143

nanamiでし。

伊坂幸太郎著の短編小説集。

突然、短編小説が読みたい!と思い立ち、すぐにインターネットで検索!
「おもしろい おすすめ 絶対読みたい 短編小説」このワードを駆使して検索した

レビュー,

Thumbnail of post image 068

nanamiでし。

村上春樹著の短編小説集。
この短編集には「UFOが釧路に降りる」「アイロンのある風景」「神の子どもたちはみな踊る」「タイランド」「かえるくん、東京を救う」「蜂蜜パイ」の6作品が収録。

レビュー,

Thumbnail of post image 093

nanamiでし。

奇才・乙一の衝撃的なデビュー作「夏と花火と私の死体」
これを執筆時は16歳、発表時はなんと17歳!良い意味で狂った人なんだなーって思うのー!

以下ネタバレありなのー。

レビュー,

Thumbnail of post image 187

nanamiでし。

リリー・フランキー著の短編小説集。
【大麻農家の花嫁】・【死刑】・【ねぎぼうず】・【おさびし島】・【Littie baby nothing】・【ボロボロになった人へ】の6つが収録されていてどれも ...

レビュー,

Thumbnail of post image 140

nanamiでし。

2005年に単行本化された内藤誼人のビジネス書。
ビシネス書といってもそんな小難しい記述は一切なく、すべておもしろおかしく書かれていて読みやすい。
この本が発表された数年後、n

レビュー,

Thumbnail of post image 172

nanamiでし。

2010年に単行本化され、2013年1月にTBS系でテレビドラマ化された
湊かなえのミステリー小説。

以下ネタバレありなのー。

nanamiは小説を読んでからテレビドラマ ...

レビュー,

Thumbnail of post image 179

nanamiでし。

大沢たかお主演で映画化されたことでも話題になった
伊坂幸太郎のサスペンス小説。

以下、ネタバレありなのー。

人間嘘発見機、演説の達人、天才スリ、正確な体内時計を持つ女

レビュー,

Thumbnail of post image 032

nanamiでし。

これが湊かなえのデビュー作?!
と思うほどの衝撃的な作品。
まずこの作品は、6つの章に分かれて構成されているのー。
ある事件を中心として、5人の語り手(第1章と第6章の語り手は同 ...

レビュー,

Thumbnail of post image 115

nanamiでし。

映画化され、一気に注目されることになった
劇団ひとりの処女作。
短編集なんだけど、なかなか作りこまれた内容に仕上がっているのー。

以下ネタバレありなのー。

「道草 ...