Rockch

【小説レビュー】バイバイ、ブラックバード[著者:伊坂幸太郎 双葉文庫]

   

nanamiでし。


伊坂幸太郎著の短編小説集。

突然、短編小説が読みたい!と思い立ち、すぐにインターネットで検索!
「おもしろい おすすめ 絶対読みたい 短編小説」このワードを駆使して検索した結果出てきたのがこれ。
伊坂幸太郎のバイバイ、ブラックバード
あらすじも読まずに、何の前知識もなく読み始めたので、どんなストーリーなのかもさっぱりわからないまま。
いざ手元にやってきてパラパラめくってみる。
短編小説集のはずが…タイトルが全て同じ。
「Bye Bye BlackBird Ⅰ」「Bye Bye BlackBird Ⅱ」「Bye Bye BlackBird Ⅲ」「Bye Bye BlackBird Ⅳ」「Bye Bye BlackBird Ⅴ」「Bye Bye BlackBird Ⅵ」
え?これって短編小説集ですよね???と思いながら読み始める。

以下、ネタバレありなのー。

5股をかけていた男・星野一彦が<あのバス>に乗せられて、どこかわからないところへ連れていかれる前に、繭美という名の巨体な女と一緒に5股をかけていた交際相手に別れを告げにいくストーリー。
結局最後まで<あのバス>とは何なのか、繭美の正体もわからないままだけど、それぞれの登場人物のキャラクターが個性的でとにかくおもしろい!
交際相手との出会いから、修羅場ともいえない別れ話をするまでの展開があり得ない!と思いつつも、ついつい笑ってしまう。

nanamiのお気に入りは「Bye Bye BlackBird Ⅱ」の最後で、繭美がイヤイヤながらサンタクロースの格好をしてマンションに忍び込み、プレゼントをこっそり置きに行くところ。
まさか、ちゃんとその格好をするなんて思えなかったし、散々暴言を吐いているのに本当は優しいんじゃ…?と思わせてくれるのー。
最後まで読んでも謎は解決しなくて、スッキリしないと言えばスッキリしないストーリーだけど、繭美の存在だけでなぜか爽快感が味わえるような気になるのー。
読み終わったら、むちゃくちゃな巨体女・繭美のことがすきになっている。最後のシーンの繭美を、本気で応援している自分がそこに。

はちゃめちゃ度★★★★☆

The following two tabs change content below.

 - レビュー,

  関連記事

【ビジネス書レビュー】「人たらし」のブラック心理術[著者:内藤誼人 大和書房]

nanamiでし。 2005年に単行本化された内藤誼人のビジネス書。 ビシネス書 …

【小説レビュー】チルドレン[著者:伊坂幸太郎 講談社]

nanamiでし。 伊坂幸太郎著の短編小説集。 伊坂幸太郎本人が、短編集のフリを …

【小説レビュー】夜行観覧車[著者:湊かなえ 双葉社]

nanamiでし。 2010年に単行本化され、2013年1月にTBS系でテレビド …

【小説レビュー】告白[著者:湊かなえ 双葉社]

nanamiでし。 これが湊かなえのデビュー作?! と思うほどの衝撃的な作品。 …

【DVDレビュー】Exam (邦 エグザム) [2009 英]

あーすげー時間の無駄…100分返せって感じです。 NAVERまとめの質が落ちてい …

話題の柔軟剤いろいろ試してみた

nanamiでし。 いろんなメーカーから出ている柔軟剤各種。 一昔前までは種類も …

【DVDレビュー】Man on a Ledge (邦 崖っぷちの男) [2012 米]

NYの高層ビルから飛び降り自殺をしようとする男ニックを中心に伏線が動くワンシチュ …

【DVDレビュー】Shutter Island (邦 シャッター アイランド) [2010 米]

なぜか2夜連続離れ島モノ。 うーん。 残念ながらこういう夢でしたオチというか、空 …

【小説レビュー】陰日向に咲く[著者:劇団ひとり 幻冬舎]

nanamiでし。 映画化され、一気に注目されることになった 劇団ひとりの処女作 …

【小説レビュー】陽気なギャングが世界を回す[著者:伊坂幸太郎 祥伝社]

nanamiでし。 大沢たかお主演で映画化されたことでも話題になった 伊坂幸太郎 …