【DVDレビュー】Man on a Ledge (邦 崖っぷちの男) [2012 米]

2013年12月16日

20131008-004931.jpg

NYの高層ビルから飛び降り自殺をしようとする男ニックを中心に伏線が動くワンシチュエーションミステリーを作りたかったのだろうが、あまりにもざっくりし過ぎてこれぞアメリカって感じのドタバタアクションに仕上がっています。

突っ込みどころ満載なおバカ弟と恋人アンジーのダイヤ奪還ストーリーは、近未来的で厳重なロックの金庫室にルパン三世ばりの爆弾やワイヤーで潜入するわ、最新鋭のセンサーシステムは簡単に外れる操作パネルのリード線を切断してショートさせるという超古典的な方法で解除するわ、もう漫画ですわ。
さんざん苦労したわりに最終的にはよほどセキュリティが甘かったのか、黒幕で悪役のデービットを彼の持ちビルのボス室で待ち伏せし、強奪という強引さ。
一番がっかりなのは主人公の元相棒アッカーマンがちょいちょい資料を燃やしたり、一部を抜き去ったりと伏線として暗躍していたにもかかわらずあっさり撃たれてお詫びして終わりみたいな…
もうちょっとしっかり脚本練ればおもしろくなりそうなのにまあさすがアメリカ映画。
お約束のカーアクションもあり、弟のラブロマンスあり、最終的にはどーんと飛び降り悪役つかまりスカッと爽快わっかりやすーって感じの強引な作品に仕上がっとります。