【今日の1曲】Sugar Free Jazz – Soul Coughing

Hola Amigos!! オチョです!!
独断と偏見!!偏りまくった知識と嗜好・趣向でチョイスした今日の1曲はこれだっ!!!!!!!!!!
Sugar Free Jazz – Soul Coughing
http://youtu.be/iWHhT9CnFi0
G/Vo.のMike Doughtyを中心にBa.、Dr.にSampler/Keyプレーヤーを入れた変則4人編成、Soul Coughingのデビュー作Ruby Vroom収録。1994年作品。
Ba.Sebastian SteinbergはUpright Bass、いわゆるウッドベースをメイン機材として使用しており、RockだけでなくJazzやR&B、Bluesの雰囲気から、Samplerによるアバンギャルドなイメージまでかなり雑多な音楽性をSoul Coughingというフィルターにかける事でひとつ芯の通ったアルバムにまとめあげている。
Soul Coughingの一番の魅力は足し算ではなく、引き算で音楽を作っていること。
Dr.のフィルやBa.のフレーズなど、全てにおいてダルで絶妙のタイム感、無駄をそぎ落としたシンプルな楽曲に再度Samplerで色付けするという天才的な手法でCoolなGrooveを聴かせてくれる。
続く2ndアルバムIrresistible Bliss、3rdのEl Osoでも、その一貫した才能は全くぶれることなく、3枚の素晴らしい作品を遺し解散してしまった。

Ciao:)

The following two tabs change content below.

オチョ

Hola Amigos!! オチョです。ガスの兄貴ではございません。 (歳がバレますな…) 幅広いジャンルの音楽を、浅く偏った知識と個人的な主観でレビューします。

MUSIC

Posted by オチョ